2010年03月11日

<JR高山線>線路のボルト折れる…岐阜・下呂(毎日新聞)

 10日午前10時8分ごろ、岐阜県下呂市小坂町のJR高山線の鉄橋上で、レールのつなぎ目がずれているのを橋の工事のため現地にいた作業員が見つけた。JR東海によると、レールをつなぐ2枚の継ぎ目板(幅12センチ、長さ56センチ)を固定する4本のボルト(直径19ミリ、長さ135ミリ)のうち、2本が折れていた。

 現場は単線。ボルトの取り換え作業のため同日午前11時11分まで運行を見合わせ、上下3本の列車に最大65分の遅れが出た。

 同社によると、継ぎ目板のボルトが折れるのは珍しく、原因を調べている。この日は始発からボルト破損が見つかるまで、特急3本を含む計11本の列車が現場を通過したが、列車に異常はなかったという。【黒尾透】

【関連ニュース】
「リニモ」:停電で900人閉じ込め 愛知の無人運転列車
名古屋市営地下鉄:線路に女性、はねられて死亡…伏見駅
名鉄名古屋本線:踏切で高齢の夫婦はねられ死亡
近鉄名古屋線:川越富洲原駅橋上化 新旧の駅舎、好対照な趣 /三重
鉄道トラブル:名古屋市営地下鉄で停電 46本、一時停車 /愛知

<交番で爆発>天然ガス、排水管伝い充満か 千葉・大多喜町(毎日新聞)
パトカーが女子高生と接触 大阪・岸和田(産経新聞)
ブルトレ「北斗星」は安泰! JR東がEF510形電機を公開(産経新聞)
操縦室内記念撮影でスカイマークに立ち入り検査(読売新聞)
「衰弱認識しながら放置」=逮捕の父親供述−奈良5歳児餓死(時事通信)
posted by オザキ コウイチロウ at 21:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

臓器提供施設に小児医療施設追加を―厚労省研究班が報告(医療介護CBニュース)

 7月に施行される改正臓器移植法で小児からの臓器提供が可能になることを踏まえ、厚生労働省の「厚生科学審議会疾病対策部会臓器移植委員会」(委員長=永井良三・東大大学院医学系研究科教授)は3月8日、厚労省研究班メンバーの横田裕行参考人(日本医科大大学院侵襲生体管理学教授)から「小児脳死下臓器提供施設にかかわる研究」について報告を受けた。報告では、現行の臓器提供施設に、高度な小児専門医療を包括的に提供している「日本小児総合医療施設協議会」の会員施設を加えることを求めた。

 現行の臓器移植法のガイドラインでは、脳死下での臓器提供施設について、▽大学付属病院▽日本救急医学会の指導医指定施設▽日本脳神経外科学会の専門医訓練施設(A項)▽救命救急センター―の「4類型」に限定されている。

 横田参考人は、小児からの脳死下での臓器提供が可能な施設について、▽高度救急医療が提供できる▽被虐待児に対する院内体制が構築されている―などの要件を挙げた上で、全国に約30ある「日本小児総合医療施設協議会」の会員施設を現行の「4類型」の施設に加えることを提案した。
 また、小児の法的脳死判定を担う医師については、脳神経外科医や神経内科医など現在の判定医に、小児の脳死判定について豊富な経験を持つ小児科の専門医を加えるべきとした。


【関連記事】
ドナーカードなどの意思表示方法で議論―臓器移植・普及啓発作業班
ドナーカードの様式で議論―臓器移植・普及啓発作業班
ドナーカードの様式変更案を了承―臓器移植委
臓器提供しない意思の確認、家族への聞き取りなど3点で
親族への優先提供でガイドラインを改正―厚労省

<虚偽表示>健康食品ネット販売の320社を指導 消費者庁(毎日新聞)
<高速道路>財源転用を法案化 割引分の一部、建設に(毎日新聞)
<たむろ防止装置>効果ありと判断 設置継続…東京・足立区(毎日新聞)
【3閣僚遅刻】民主参院国対委員長「言語同断!」(産経新聞)
赤坂被告に懲役2年求刑=元光GENJI、覚せい剤使用認める−千葉地裁(時事通信)
posted by オザキ コウイチロウ at 08:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。